出会いのことならおまかせ、とにかく見て♪

Pocket

マスコミがひた隠しにしている出会い

初めてお越しくださったあなたへ4度離婚し、5度結婚しました
https://ameblo.jp/makky0310/entry-12518591012.html時々ね。友達にマッキーさんのブログを読んだ方がいいよ!って勧められたんです!!って言って、来てくださる方いるけれども、それさあんたいい加減現実見た方がいいよ?っていう意味かもよ?(ニヤニヤ)きっとそのご友人一人では手に負えなくなってマッキーならきっとなんとかしてくれるだろうと丸投げされたのかもしれない(笑)(我が身を振り返る瞬間。)私のところには●どうしても彼氏が欲しいんです!!●この年齢だけど(40代とか50代とか)今からでもマッキーさんみたいに、恋したり結婚したいんです!!そうやって言ってくる女性後を絶ちません。あのね。すごくいいと思うよ。少なくともどうせ私はこんな歳。子供も産めないし今更結婚できるわけないしって、ふてくされている人よりも100万倍いいと思う!(ホントだよ)ただね。彼氏が本当に欲しい人。結婚したい人に知って欲しいことがあるよ。まず一番はじめに容姿を整えよう。(あなたの性格はきっと素晴らしいに違いありませんが、男が一番最初に見るのは、容姿です。←絶対的な法則。)❌髪の毛、ただ伸ばしただけ❌または、ただ少年みたいにバッツリショートにしてるだけ❌黒い服着てる❌もしくは、ベージュとか無難さだけで服を選んでる❌お化粧していない❌靴もあるものを履いているだけこういうのは間違いなく選ばれません。(どんなに性格よくても!!!)こうやって書いてもでも、性格も大事ですよね??って言ってくる人いるけど、あのさ。容姿をあまり見ないで女性の性格的なことばかりにこだわってくる男性はそもそもメンタルになんらかの問題を抱えている可能性が否定できないよ。(マザコン・精神的トラウマ)心も体も健全な男子ほど普通レベルで女性の見た目にもこだわるし見た目からの↓性格の順番になるのさ。(この話すると長くなるから、もうやめる。)さて今日は●どうしても彼氏が欲しいんです!!●この年齢だけど(40代とか50代とか)今からでもマッキーさんみたいに、恋したり結婚したいんです!!こう思っている女性に対してのブログです。(気持ちがあるだけで、きっと結果はついてくるから、まじで頑張ろう!)さてどうしても彼氏がほしい結婚したいのなら実は一番最初に受け入れなければならない概念があります。それは・・・おひとりさまを受け入れろということ。これはパートナーが欲しいあなたにとって、それからパートナーとずっと仲良くやって行きたいあなたにとってもとてもとても大切な概念です。ど〜〜〜しても彼氏がほしいの〜〜💢とやっきになっている人には根底にこんな思いがあります。彼氏さえ出来ればその時私は幸せになれる。結婚さえすればその時私は幸せになれる。この考え、ものすご〜く危ないんですよ。例えばこの女性が努力の甲斐あって彼氏ができたとしましょう。すると、どうなるのか?というと・・・・彼氏がいる状態が私にとって幸せな状態↓↓↓↓(イコール)彼氏がいない一人の状態は私にとって不幸せな状態こうなると今度は彼氏がいる状態をキープすることだけが人生の目的みたいになり、相手の顔色だけをうかがう女性になってしまいます。どうです?これ。本当の幸せとは言えなくないですか?だからね。彼氏がほしいと望むことも結婚したいと望むことも悪いことではないけれども、一番最初に大切なのはおひとりさまな自分を受け入れるということなのさ。もしあなたがおひとりさまな自分を一生懸命受け入れる努力をしているのなら(まず面倒みているのが自分なら)男がどんな顔色になろうが相手が何を言って来ようが、最悪彼がいなくなっても私は元いた幸せなおひとりさまに戻るだけってなるわけ。もうこれは最強な状態です。おひとりさまを心から受け入れようとしている女性は●誰にもコビを売る必要ないし●人の顔色伺わなくていいし●だからこそ、周囲の人に好かれて(コビを売ってる人間好きな人って、いる?)●結果周囲にたくさんの人が集まるという仕組みになるわけ。これってさ。商売も全く一緒だよ。まずね。自分がおひとりさまであることを心の底から受け入れましょう。そしておひとりさまでも心から幸せでいられる自分を作りましょう。するとそんな余裕がある女性の周りには黙っていてもいつの間にか素敵な人が集まってきて、その中にあなたが欲しいと思う素敵な男性もいるかもしれない。おひとりさまを受け入れていない女性は重たいよ。だから避けられるの。だってめんどくさそうだもん。最後に・・・私が夫と初めて会った時の真紀子の印象を夫が私へのお手紙のお返事にこんな風に書いてくれていました。※真紀子と夫の出会いのシーンhttps://ameblo.jp/makky0310/entry-12408094255.htmlあははははそんな風に見えてたんだ。(確かに、別にカップルになんかならなくてもヘーキ、と思って臨んでいたからね。)いったんおひとりさまである自分を心の底から認めてしまうこと。そこから見えてくる大切なことが必ずあるんだよ。マッキー真紀子の男性とのコミュニケーションスキルはピカイチです。(でなきゃ5回も結婚できません。)今期(秋期)真紀子からそのスーパーコミュニケーションを学べるのは東京残7 大阪残6のみです。(東京募集〆切り 9月27日)     星と心理で運命を動かす(NLPプラクティショナーコース)東京・大阪http://makinlp.com/nlppractitioner/¥408,000のセミナー価格が【優待メール】にご登録いただくと登録者だけに、優待メール届きます。     【優先予約付き】NLP優待メールご登録の流れその①:既存のメルマガにご登録いただく      ※メルマガ始めました。●ブログの更新情報●星と心理のお話●講座の最新情報など、お届けします。※クリックしてね    その②:メルマガ内にある【優先予約】NLP優待メールに登録いただく      (※優待リンクを貼ったメルマガを送付します。)
NLP優待メールにご登録いただいた方のみNLP各コース(星と心理で運命を動かす)の※特典を受けることができるようになります。ただし、残席がある場合のみですので面倒な手続きは待っていられない!満席になったら困っちゃう!!というあなたは今すぐにこちらからお申し込み出来ます。(東京残7・大阪残6)    

出会いの人気の秘密を分析、注目のアイテムが勢ぞろいしてます

前回の話死んでしまおうなんて悩んだりしたわ⁉️はこちら👉クリック
Dくんのバイト先での話です。先日、初々しい日韓カップル誕生の話をしましたが(詳しくはモテる女💁🏻‍♀️クリックを読んでね。)
そのCくんが、上司にこっぴどく怒られてしまったようですCくんと彼女は共に20歳、上司は50代位の女性です。

Cくんは、今時の若者らしく、インスタを熱心にやっていて、プライベート写真を多く公開しています。
職場で人気者の彼女と付き合えたのが嬉しくて堪らなかったのでしょうインスタに彼女とのカップル写真を投稿したそうです。
韓国のカップルは、カカオのプロフィールをカップル写真にしたり(Dくんの友達は全員してます)
インスタにもカップル写真を投稿したり
公開恋愛が好きです友達にもよく彼女を紹介するし
家族にも早めに会わせたり
そうする事で、自分はこれほど彼女を真剣に愛しているんだというアピールをしているんでしょうね。
ちなみに、私の周りでラインのプロフィール写真をカップル写真にしている日本人1人もいないです

で、問題は、そのCくんのインスタのフォロワーに職場の他のスタッフもたくさんいたという事
上司の言い分では
職場恋愛だけでも遠慮すべき事なのにそれを皆にインスタで公開するとは何事だと
そのインスタで、2人のラブラブ写真を見た他の女性社員(アラサー世代)が気分悪いはずだと

なるほど激怒した理由がねちょっと面白かったんです
つまり私みたいな行き遅れのアラサー独身女性に配慮しろみたいな世間ではそう思われてるのかな

でも、ちょっと待ってください。私と同年代の女性
20歳やそこらの学生バイトのカップルのインスタ写真にそれほど目くじら立てますかね
もちろん、仕事がやりづらくなるという意味では不便ですね。でもそれは、別に女性社員に限らず男性社員も含めての話ではないかと。
さらにフォロワーに職場の人がいたとしてもインスタはあくまでプライベートな場所という認識が一般的だと思います。
まあ若い2人の事だし大目に見てあげてもとは思いましたが

ただ、インスタでプライベートを公開するという習慣自体ここ数年で広まってきた事なんですよね。
私が学生時代は、今ほど猫も杓子もインスタするという感じではなかったと思います。(あまりSNS得意じゃないので乗り遅れてた可能性もあるけど)
その上司にしてみれば私以上に馴染みが薄くてなおさら、けしからんっていう事になったのかも知れません。
恋愛に対する文化や世代間の認識の違いもある問題なのかな

なぜかアラサー女のせいにされちゃったのは気に入らないですけど
学生バイトだとしても、お金をもらっている以上もっと周りに配慮して仕事をしなさいという意味なんでしょうね。
まあその言い分も分からなくはない。難しいですね
ただ、もし職場恋愛禁止ならDくんの心配しなくて済むのは助かります
自由が丘のカフェにて最近食べたエッグベネディクトの中で一番のヒットDくんを連れて行ってあげたいな

私達の出会いも
是非読んでみてくださいね👉クリック
少しでも気に入っていただけたら
是非いいね👍お願いします🙇‍♀️更新の励みになります

コメントは受け付けていません。